保健室より

学校感染症について

学校の場においては感染症の流行を予防することが、子ども達の健康のためにも、教育を支障なく実施していくためにも極めて重要で、そのために「出席停止」の措置が法的に定められています。

主治医より、「学校感染症」と診断されましたら、医師の許可がおりるまで家庭で安静にして下さい。登校の許可が出ましたら、「学校感染症治癒証明書」又は「医師による証明書等」(医療機関所定様式)を医療機関で記入していただき、登校の際に学校(保健室)へ提出して下さい。

なお、インフルエンザについては、「インフルエンザ治癒証明書」に薬の処方の内容と診察を受けた日がわかるものを添付していただければ、保護者の方の証明でも代替できます。証明書を提出されますと、「出席停止」扱いとなり、欠席にはなりません。

様式は学校(事務室・職員室・保健室)にも用意してあります。

【★第1種感染症★】 治癒するまで出席停止

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、
ラッサ熱、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARS コロナウィルスによるものにかぎる)、
急性灰白髄炎、ジフテリア、鳥インフルエンザ

【★第2種感染症★】 

【★第3種感染症★】 病状により学校医やその他の医師において感染の恐れがないと認めるまで出席停止。

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、
急性出血性結膜炎、その他の感染症(想定される例 溶連菌感染症、ウイルス性肝炎<A型
肝炎>、手足口病、伝染性紅斑、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、感染性胃腸炎など)

治癒証明書ダウンロード

保健だより「HEALTH」