校長挨拶

丹羽高校は、昭和49年に創立され、今年で46周年を迎えた学校です。創立された当初から、地域の皆様に支えられ、自由闊達な校風を目指し、学習に部活動に学校行事にと、バランスよく取り組む学校として、着実に教育活動を進めて参りました。

丹羽高生は、「知・徳・体の調和」、「主体的に学校生活に取り組む態度」、「目標に向けて努力する姿勢」を学習・部活動・学校行事を通して育んでいます。

そして、自ら考え、行動し、解決する経験を重ね、次なる創造力を鍛えています。このような丹羽高校で、生徒諸君が自らの可能性を広げ、大きく成長できるように、また夢を育み、夢が叶えられるように、教職員一同、力を合わせていきたいと思っています。

愛知県立丹羽高等学校
校長 野々垣 晴邦

校訓・教育目標

・自律 ・独創 ・剛健

自らを厳しく律し、向学心に燃え、独創性のある、たくましく健全な、ゆとりある社会人の育成を期す。

沿革

詳しくはコチラ

  • 1974年

    愛知県立犬山高等学校において入学者選抜学力テストを実施。
    4月 開校。入学者数360名。
    初代学校長に杉山英夫氏が就任。教職員数26名。

  • 1975年

    校歌の作詞・作曲者を招き、校歌・校旗発表会を行う

  • 1976年

    第3回入学式を挙行。
    本年度で3学年揃い、24学級生徒数1080名教職員59名の規模となる。
    卒業年品として校歌詩碑建立除幕式を行う。

  • 1977年

    第1回卒業式を挙行。卒業式357名。

  • 1978年

    校舎竣工記念式典を挙行。

  • 1979年

    二代目学校長として渡邊仁氏が着任。

  • 1980年

    本年度より、第1学年募集10学級450名の定員となり、全学年26学級、定員1170名となる。

  • 1982年

    第1学年募集8学級360名の定員、全学年28学級定員1280名となる。

  • 1983年

    三代目学校長として加藤良平氏が着任。
    第1学年募集10学級470名の定員、全学年28学級定員1280名となる。
    創立十周年記念式典を挙行する。

  • 1986年

    校訓碑完成。四代目学校長として三宅光子氏が着任

  • 1987年

    彫像「魂の肖像」の除幕式を行う。

  • 1988年

    時計塔完成

  • 1989年

    五代目学校長として森下三千雄氏が着任。校訓碑完成。

  • 1991年

    第1学年募集9学級460名の定員、全学年29学級定員1335名となる。

  • 1992年

    第1学年募集9学級396名の定員、全学年28学級定員1261名となる。
    カツラ植樹。

  • 1993年

    六代目学校長として高村義男氏が着任。
    第1学年募集9学級378名の定員、全学年27学級定員1181名となる。
    創立二十周年記念式典を挙行する。

  • 1996年

    第1学年定員8学級320名。

  • 1999年

    七代目学校長として毛受明人氏が着任。
    第1学年定員9学級360名。

  • 2002年

    八代目学校長として田邊秀穂氏が着任。
    第1学年定員8学級320名。

  • 2003年

    創立三十周年記念式典を挙行する。

  • 2005年

    第1学年定員7学級280名。

  • 2006年

    九代目学校長として近藤喜美代氏が着任。

  • 2009年

    十代目学校長として安田賢司氏が着任。

  • 2012年

    第1学年定員8学級320名。

  • 2013年

    十一代目学校長として細川正徳氏が着任。
    創立四十周年記念行事を実施する。

  • 2016年

    十二代目学校長として高木敦司氏が着任。
    第1学年定員9学級360名。

  • 2019年

    十三代目学校長として野々垣晴邦氏が着任。
    第1学年定員8学級320名。

校歌

作曲 中 田 喜 直
作詞 小 林 純 一

1 みどり輝き 風光る
尾張平野が 果て遠く
開け始める このあたり
扶桑よ ここに 明日を翔る
若い翼の 育つところ
その名も丹羽 おお 丹羽高校

2 灘を目ざして 休みなく
下り流れる 木曽川に
託す夢 また 果てしなし
青春愛しみ 集う日日を
誓い新たに 努め励む
学園 丹羽 おお 丹羽高校

3 新芽萌え出る 勢いを
誇る校旗の 行くところ
常に無限の 可能あり
山並み遠く 雪を残し
高く 厳しく 語りかける
よきかな 丹羽 おお 丹羽高校